iPhoneの純正イヤホンと偽物を比較してみた【意外と使える】

iPhoneの純正イヤホンと偽物を比較してみた【意外と使える】

先日、使用していたiPhoneの純正イヤホンの片耳が断線してしまい、Amazonにて純正そっくりのイヤホンを1000円くらいで購入しました。
おそらく偽物だと思いますが、このイヤホンについて純正と比較してみたいと思います。

見た目の比較

 

今回、私が購入したのはコチラです。


偽物の割には意外としっかりしたケースに入って届きました。
私が購入した時の値段は999円でした。
純正のイヤホンは約3000円するそうなので、値段で比較してみると非常にお買い得です。


↓↓コチラより各サイトからお買い求めいただけます。↓↓




ケースから取り出して、純正イヤホンと並べて見た目の比較をしてみました。



左が今回購入した偽物、右が純正のイヤホンです。



拡大してみた結果です。
イヤホンの長さや形、音量調整ボタン等も全く同じに見えます。

実際に使用してみての感想

先ほど見た目を比較してみて、ほとんど一緒であることがわかりました。

しかし、イヤホンといえば見た目よりも音質等の機能面が非常に重要です。
そこで、実際に私が使用してみての感想を書いていきます。

音質について

単刀直入に言うと、iPhoneの純正イヤホンにはやはり劣っています。
数年間、純正品を使ってきていて、久しぶりに別のイヤホン(今回購入したもの)を使用しましたが、一瞬で音が違うとわかりました。

あまり音質にうるさくないので、このような表現が正しいかわかりませんが、音が雑というか耳障りに感じました。

改めて聞いてみると、純正品の方は音が滑らかに聞こえる感じがします。

ただし、私は音質にこだわらないせいか、30分もその音を聞いていると慣れてしまい、購入して一か月近く経過した今もそのイヤホンを使用し続けています。

個人的には値段相応の音かなと思いますが、その他機能も付いていることを考えるとコスパも良いのかなと感じています。

その他機能について

iPhoneのイヤホンにはマイクの機能や音量調節機能も標準搭載されています。

今回購入した偽物イヤホンでも音量調整ボタンとマイクが搭載されており、それぞれiPhoneに接続して使ってみたところ、問題なく機能しました。

特にマイクについてですが、純正のイヤホンよりはっきりと音を拾い、ノイズも少ないような感じがしました。

値段を考慮すると、なかなかいい機能かもしれません。

まとめ

音質については値段相応と思いますが、マイクや音量調整機能がついている分、1000円程度で購入できることを考慮すると、コスパが良いと思います。

特に音質にこだわらないという人であれば、普通に使える範囲だと思いますし、私自身もしばらく使用していくつもりです。

ただし、今回レビューしたのはイヤホンジャック型のイヤホンで、イヤホンジャックがないタイプのiPhoneについてはライトニングからイヤホンジャックへの変換ケーブルが必要となります。

購入する際にはご注意ください。

↓↓変換ケーブルについてもリンクを貼っておきますので参考にどうぞ
※こちらは純正品です。↓↓


Appleカテゴリの最新記事