【モンハンライズ】ハイニンジャソードは鈍器か匠のどっちで運用するべきか検証してみた

【モンハンライズ】ハイニンジャソードは鈍器か匠のどっちで運用するべきか検証してみた


モンハンライズの4月のアップデートでモンスター、装備の追加がありました。

その中で話題になっているのが、会心率がなんと脅威の100%を誇る片手剣、ハイニンジャソードです。

切れ味は緑が最高となっていますが、非常に長い緑ゲージとなっています。
そのため、鈍器使いにするか、匠にするかということで迷ってる方もいらっしゃると思います。

今回はハイニンジャソードはどのように運用すべきか、という検証をしてみました。

ハイニンジャソードについて

ハイニンジャソードとはギルド武器派生で作成できる片手剣です。
武器のスペックは以下の通りです。

  • 攻撃力:200
  • 会心率:100%
  • スロット数:1×3
  • 百竜スキル:鉄蟲糸技強化、操竜の達人、人魂鳥倍加

見切りや弱点特攻のスキルが無くても常に会心が出せるので、超会心や達人芸のスキルを最大限に活かせます。
どこを切っても会心のエフェクトが出るので、使ってて気持ちがいいですし、鉄蟲糸技強化も持っています。

そして地味にうれしいスロット1×3というスペックです。

また、必要素材についても、アップデートで追加されたバゼルギウスと古龍3種の素材を少し使用するだけなので、作成難易度も低めです。

ハイニンジャソードは鈍器と匠のどっちで運用するべきか

それでは実際に鈍器使いと匠とでダメージの検証をしてみた結果を書いていこうと思います。

鈍器使いの場合

鈍器使いについてはこのようなスキルで試してみました。

主に攻撃力に影響が出るスキルは以下のとおりです。

  • 鈍器使いレベル3
  • 攻撃レベル7
  • 超会心レベル3
  • 心眼レベル3

心眼が付いているので、はじかれない部位とはじかれる部位でダメージ計測をしてみます。

まずははじかれない部位です。
修練場の敵の頭で片手剣のモーション値が高い旋刈りと、ジャストラッシュで試してみました。

旋刈り

こちらは232ダメージを計測しました。

ジャストラッシュ

ジャストラッシュを全段当てると1168ダメージになりました。

次ははじかれる部位です。
同じく修練場の敵の甲羅部分に攻撃をして試してみました。

旋刈り

心眼が発動して60ダメージです。

ジャストラッシュ

こちらも心眼+全段ヒットで320ダメージとなりました。

匠の場合

続いて匠を採用した場合です。

スキル構成はこんな感じです。

主に攻撃力に影響が出るスキルは以下のとおりです。

  • 匠レベル3
  • 攻撃レベル7
  • 超会心レベル3

鈍器使いの代わりに匠レベル3にし、青ゲージで計測しました。
ちなみに匠レベル5でも白ゲージにはなりませんでした。

はじかれる部分も計測しましたが、こちらは青ゲージですので、心眼は付けずに運用することがほとんどだと思います。
そのため、こちらは心眼なしで計測していますのでご承知おきください。

それでは修練場の敵の頭に攻撃して計測してみます。

旋刈り

匠での旋刈りは245ダメージでした。

ジャストラッシュ

ジャストラッシュは全段ヒットで1231ダメージでした。

続いて修練場のの甲羅にそれぞれ攻撃してみました。

旋刈り

こちらは43ダメージとなりました。

ジャストラッシュ

ジャストラッシュ全段当てで261ダメージでした。

検証結果まとめ

鈍器使いと匠の検証結果を表にまとめてみました。

甲羅
鈍器使い 旋狩り      232 60
匠    旋狩り      245 43
鈍器使い ジャストラッシュ 1168 320
匠    ジャストラッシュ 1231 261

このようにはじかれない部位であれば匠、はじかれる部位であれば心眼+鈍器が上回る結果となりました。

基本的にははじかれない部位を狙って戦うのがスタンダードとなりますので、匠運用の方が火力が出そうですね。
ただし、青ゲージを維持しなければ鈍器使いの火力を下回ってしまいますので、達人芸や砥石高速などでカバーする必要があります。

鈍器使いにはそのようなスキルを用意しなくても扱えるので、その分他のスキルに回したりすることができますので、人によって色々なカスタマイズができそうですね。

私は匠の方で運用をして試行錯誤してみます。

今回はこのあたりで終わりにしようと思います。

ゲームカテゴリの最新記事