【モンハンライズ】幸運(運気)は付ける価値、効果があるかどうかを検証してみた

【モンハンライズ】幸運(運気)は付ける価値、効果があるかどうかを検証してみた


モンハンシリーズでお馴染みの報酬枠を増やすことができる効果の幸運スキルですが、モンハンライズの先日のアップデートにより、装飾品で発動させることができるようになりました。

しかし、装着するにはスロットレベル3が必要で、攻撃系のスキル等を犠牲にしてつける必要があります。

そこで、実際に幸運レベル3を付けてクエストを50回ほど周回してみましたので、わざわざ付ける価値があるかどうかの検証結果をまとめてみたいと思います。

捕獲名人の検証結果は以下の記事に書いています。興味があればこちらもご覧ください。

 

スキル 幸運(運気)について

スキルの幸運(運気)とは、クエストクリア時の報酬枠が増えやすくなるスキルです。

報酬枠とは画像の通り、クエストをクリアすると報酬受け取り画面が表示され、アイテムを受け取ることができます。
その中でアイテムが表示される領域のことを報酬枠と呼びます。

画像ではターゲット報酬とクエスト報酬にそれぞれ赤枠で示していますが、それぞれ最大10個ずつ報酬の枠数とアイテムが抽選されることになります。

運気スキルの効果で「報酬枠が増えやすくなる」というのは、「アイテムが抽選される枠が増えやすくなる」という意味です。

例えば、オロミドロの泥翁竜の黄玉についてはターゲット報酬が1%となっていますので、ターゲット報酬枠から1%の確率でアイテムが抽選されます。

ターゲット報酬の枠が5個と抽選された場合には1%(入手確率)×5(枠の数)となりますので、
5%の確率で入手することができますが、
幸運スキルでターゲット報酬の枠が1個プラスされ、6個となった場合は1%(入手確率)×6(枠の数)で6%になります。

このように幸運スキルはアイテム自体の入手確率を上げるのではなく、報酬枠を増やして入手する機会を増やすことができるスキル、というように考えましょう。

周回に使用した幸運装備の紹介

幸運レベル3を発動させてクエストを周回した時の装備がこちらです。(特に興味なければ飛ばしてください。)


現状、運気の防具は非常に少ないうえに運気珠もスロットレベル3が必要とされるため、非常に重いスキルに分類されます。
当然、そのスキルを組み込むということは他に強いスキルをあきらめなければなりません。

ということで火力スキルを諦めてマルチ前提にするということから、自分はちょっと楽したいと考えて麻痺片手+破壊王という形で味方のサポートをすることにしました。

せっかくの片手剣なので、広域化もつけたかったのですが、意外と広域化が重かったので諦めました(笑)

武器はスロットレベル3のある「にゃんにゃんぼう」です。

また、片手剣の鉄蟲糸技である「昇竜撃」で簡単にスタンも狙えますので、楽したい時は片手が器用かつ軽快に立ち回れるのでオススメです。

にゃんにゃんぼうは火力が非常に低いので、他の麻痺武器で少し火力重視にするか、狩猟笛で味方のバフや回復をしまくりつつスタンを取るという戦法も面白いでしょう。

今後のアップデートでもっと運気持ちの防具が出てくれると幅が広がるので今後に期待しましょう。

幸運装備で50回周回した検証結果

50回周回してみた結果を表にしてみました。

追加報酬枠数 0 1 2 3 4 期待値
ターゲット報酬 12 15 16 4 3 50 1.42
クエスト報酬 18 22 7 3 0 50 0.9

う~ん・・・スキルの重さを考慮してもちょっと微妙ですね。。

ターゲット報酬とクエスト報酬の両方に作用するので、合計すれば期待値は2.5を超えますが、クエスト報酬でほしいのは現状だと瑠璃原珠だけなのでちょっといまいちかなぁと思います。

せめてターゲット報酬の期待値は2を超えてほしかったと思います。

良い点としては、他の幸運系スキルと重複することでしょうか。
お団子スキルの激運と幸運、捕獲名人は同時に作用しますので、付ければ付けるだけアイテムが増えやすくなります。

あとは、複数体出現するクエストや百竜夜行でも発動することが確認できました。

複数体クエストについては、そのターゲットのモンスター毎に幸運スキルが発動するようです。

これはちょっと美味しいかも。。

百竜夜行についてはハント報酬のみでした。
また、幸運スキルで増える報酬は百竜夜行のボスのみです。

取り巻きで出現するモンスターも増えたらかなり美味しそうでしたが、残念ですね。

今回はこのあたりで終わりにします。
参考になりましたら幸いです。

捕獲名人の検証結果は以下の記事に書いています。興味があればこちらもご覧ください。

 

ゲームカテゴリの最新記事