【意外と簡単?】WordPressのバックアップ方法【UpdraftPlusの使い方】

NO IMAGE

テーマをカスタマイズした際にデザインが崩れて戻せなくなってしまった・・・・
なんてことが起きてしまったら復旧するのは困難です。
そこで、今回はWordPressの簡単なバックアップ方法についてご紹介しようと思います。

バックアップを取るタイミング    

バックアップは以下のようなタイミングで取ると良いと思います。

・テーマをカスタマイズする前
・WordPressやプラグインの更新前

変更や更新してからおかしくなってしまった・・・
ということでは取り返しがつかなくなってしまうので、変更を加える前に取るように心がけましょう。

バックアップ方法          


それでは実際にバックアップ方法をご紹介します。
今回は「UpdraftPlus 」というプラグインを使用してバックアップを取ります。

UpdraftPlusのインストール



まずは管理画面の[プラグイン]>[新規追加]より「UpdraftPlus 」を検索し、インストールしましょう。

その後、有効化すると以下のように設定メニューの中に追加されます。




UpdraftPlus Backupsの設定を開くと、このような画面が表示されますので
今すぐバックアップを押します。

 

 

 

バックアップボタンを押すとこのようなウィンドウが表示されます。
①では保存する内容を選択できますが、基本オールチェックで良いと思います。
②は保存先を指定することができますので、まだ指定していない場合は設定しましょう。私はGoogleDriveに設定してみました。

設定が完了したら今すぐバックアップを押しましょう。
その後、バックアップが始まりこのような画面が表示されればバックアップ処理は終了です。



復元方法については別記事にてご案内します。

WordPress設定カテゴリの最新記事